マッサージベッドを吟味してみよう

cypollo.com

マッサージベッドを吟味してみよう

腰痛とは「腰は体の要」と言われますが、腰は次のような重要な役割を担っています。
体躯の支持脊椎が上半身の重さを支え、骨盤を介して両足に伝えます。
運動の中心前後左右の動きなどとしてかなりの運動機能があります。
腰と膝何となくですが体の内面以外ではとても重要な部分だと感じます。
膝が痛くても歩く事が出来ず腰が痛くても歩く事ができずとても痛いです。
ぎっくり腰などはとてもキツイデスネ。くしゃみでなったりするって聞きますよね。

私も以前子供を無理な姿勢で抱っこしたときに聞きました。
さらに脊髄という神経を保護しています脊椎には脊髄という神経の束が入っていて、抹消神経として体全体に伸びて運動や知覚を伝達しています。ですからとても重要なんですね。

腰痛とは「腰は体の要」と言われますが、腰は次のような重要な役割を担っています。
体躯の支持脊椎が上半身の重さを支え、骨盤を介して両足に伝えます。
運動の中心前後左右の動きなど、脊椎全体としてかなりの運動機能があります。
腰と膝何となくですが体の内面以外ではとても重要な部分だと感じます。
膝が痛くても歩く事が出来ず腰が痛くても歩く事ができずとても痛いです。
ぎっくり腰などはとてもキツイデスネ。くしゃみでなったりするって聞きますよね。

私も以前子供を無理な姿勢で抱っこしたときに聞きました。
さらに脊髄という神経を保護しています脊椎には脊髄という神経の束が入っていて、
抹消神経として体全体に伸びて運動や知覚を伝達しています。
ですのでとても重要なんですね。脊髄に致命傷になればそれでだめになってしまいますし、神経系にしてもやはりだめになってしまいます。

脊椎(背骨)は「椎骨(ついこつ)」という骨が26個連結してできています。
上から頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙骨、尾骨に分かれていて、骨盤に連結しています。
頸椎の上には頭蓋骨があり、胸椎には肋骨が付属しています。
となっていてこの真ん中のラインが壊れると問題が生じてしまいますね。
椎間板とは軟骨と線維輪などでできたクッションのようなもので椎弓どうしは靭帯でつながれている。
椎骨には椎間関節という突起がありズレない働きをしている。 ひとつの椎骨は、「椎体(ついたい)」と「椎弓(ついきゅう)」からできています。
椎弓には穴があいており、各椎弓の穴が作る長いトンネル(脊柱管)の中に「硬膜」という袋に包まれた脊髄が通っています。
椎骨のスキマからは脊髄から枝分かれした馬尾神経などの末梢神経が出ていて、体全体に伸びています。
腰の基本は骨ではありますがその周りのマッサージが重要となってきます。それでも年をとると弱ってくる部分ですね。

脊髄に致命傷になればそれでだめになってしまいますし
神経系にしてもやはりだめになってしまいます。

脊椎(背骨)は「椎骨(ついこつ)」という骨が26個連結してできています。
上から頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙骨、尾骨に分かれていて、骨盤に連結しています。
頸椎の上には頭蓋骨があり、胸椎には肋骨が付属しています。
となっていてこの真ん中のラインが壊れると問題が生じてしまいますね。
椎間板とは軟骨と線維輪などでできたクッションのようなもので椎弓どうしは靭帯でつながれている。
椎骨には椎間関節という突起がありズレない働きをしている。
ひとつの椎骨は、「椎体(ついたい)」と「椎弓(ついきゅう)」からできています。
椎弓には穴があいており、各椎弓の穴が作る長いトンネル(脊柱管)の中に「硬膜」という袋に包まれた脊髄が通っています。
椎骨のスキマからは脊髄から枝分かれした馬尾神経などの末梢神経が出ていて、体全体に伸びています。
腰の基本は骨ではありますがその周りの筋と筋肉が重要となってきます。
それでも年をとると弱ってくる部分ですね。